So-net無料ブログ作成
検索選択

嫌な電話。 [遠距離介護(母。)]

父親の生きている頃の
あの心臓が締め付けられるような不安な日々を思い出した


基本、逃げおおせたわけではないが。


いつものようにかかってきた電話だが
声の調子がいつもと違うというか
当時のイラついた 疳の虫の騒いだ子供みたいな
ワタシ=娘の立場からすれば
非常に違和感のするイヤな感じのトーンというか気配がしょっぱなからした


なんというわけもなく「電話をしてみたく」なったというアレ。



いつもの如く手芸用の毛糸を購入して送れ、という内容だったが
だんだんと
「食べ物」を要求する内容へと変わって行く
合間には

施設で如何に「自分だけが冷遇」されているか

食事係と担当が「グル」になって自分ばかり食べさせないようにする、とか

こちらが
それはできない、とハッキリと断ると
「この親不孝者のバカ」
と怒鳴られた



他の入居者の身内は「沢山のものを買って与えてくれる」

自分は「お茶会に呼ばれてお菓子をもらっても
返すものがないからツライ」、と

(※食事制限有・絶対にもらったりしてはいけない立場にかかわらず)



だって制限食なんだから仕方ないでしょうが
と返すと

「制限なんて無い! みんなが (※以下 同上棒線部分」

=======================================

「バカはアンタだ!!」

と思わず知らず自分でも大きな声が出てしまって




後ろで息子が訊いていて ハッとした。



ある意味哀れな母
孫はアナタのことを嫌っている
いつもワタシのことを苦しめるから
周りを「振り回してワガママを云う」
から


「それは年のせいなんだよ」
というと


「じゃあ、いつか母ちゃんもそうなるっていうこと?」
と 息子。




そん時は遠慮なく嫌ってくれ

そうなる前に


どこか遠くにやってくれ
お前が 安息で暮らせる程度に




なるべく離れて暮らすからね



久しぶりに会話が終わる前にこちらから受話器を叩き置いた
これは先にやったもん勝ち。



kituneb.jpg




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

某かんりにん

cassisさん、こんにちは。

先程私も見事挫かれて帰還いたしました。
何のお力にもなれませんが、ともに猛毒浴びる組の仲間はここにおりますゆえ。
どうかご自身のメンテを最優先にと祈ります。
by 某かんりにん (2016-12-08 12:37) 

cassis

●某かんりにん さま 有難うございます^-^。

他人に起きてることなら笑い飛ばせるだろうにな…と思うのは皆一緒なのでしょう
なんとも身内だの血の繋がりだののせいで人はややこしい(笑)

吐きましょう ごめん嫌な人はスルーしてね
我々はこうやって時に自身のネガティブさを呪いつつ救われたり救ったりでき…

たらいいなと 思う小さい存在です

by cassis (2016-12-08 23:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: